ヤマトシロアリの生態や駆除費用

 

ヤマトシロアリの生態や駆除費用 愛知、名古屋

 

 

現在、わたしたちの生活に影響を与える危険性があるシロアリには、主に2種類います。

 

名前を「ヤマトシロアリ」と「イエシロアリ」といいます。

 

シロアリの被害として、柱がボロボロに食い荒らされ、床下や天井裏にまで大きな巣ができて、といった映像を目にします。

あれは「イエシロアリ」という種がほとんどです。

※ヤマトシロアリであっても、10年以上という期間で点検をせず放置しておくと、それなりの被害にはなります。

 

イエシロアリは、ヤマトシロアリに比べて活動するシロアリの数が多く、数10万~100万匹という規模で、ヤマトシロアリの実に100倍に相当する数で生息しています。

 

ですので単純に被害の大きさも被害のスピードも、ざっくりヤマトシロアリの100倍というレベルになります。

 

ですので当然、イエシロアリとヤマトシロアリでは、シロアリ予防の方法、手間、金額が異なるはずです。もちろん駆除においてもです。

適切な知識と技術をもった業者なら、そのような区別をしています。

 

 

そして愛知県(一部の地域を除く)と岐阜県では99%ヤマトシロアリですので、基本的にイエシロアリと戦わなくてもいいという地域にもかかわらず、一緒くたに高額な料金を取っていく一般的なシロアリ業者には少々憤りを感じます。

 

 

コメントを残す