シロアリの予防で壁や柱に穴を空けるのは意味がない 愛知、名古屋

 

シロアリの予防で壁や柱に穴を空けるのは意味がない 愛知、名古屋

 

 

昨今のシロアリ業界では、シロアリの予防と称して壁や柱に穿孔して薬剤を注入するという意味のない作業が横行しています。

床下に潜って薬剤をまけないお風呂の下の土間部分や玄関の土間などにドリルで穴をあけて、その内部に注入器を突っ込んで薬剤をまきます。

 

一見正しい作業のように感じますが、少なくとも予防ではあまり意味がありません。

 

どういうことかと言いますと、まずお風呂のタイルの裏側の構造を簡単にご説明します。

タイルは、モルタルというセメント層に貼り付けられていて、そのモルタルの奥には柱や胴縁などの木材があります。

タイルの部分にドリルで穴をあけて注入器を差し込んで薬剤を注入します。

 

そのドリルの穴の数は、お風呂場内に数か所程度です。そこから薬剤を注入しても下に垂れていくだけで、横には広がりません。

 

これがどういう事かと言いますと、注入された薬剤は、広いお風呂の壁の所々に少し薬剤で濡れた部分ができるだけです。

そしてこのようなタイルの裏側はお客さま宅によって異なりますので、薬剤がどのように入っていくか(浸透するか)は分かりません。

 

本来このような穿孔注入は駆除の時にある程度の巣の位置を把握した上で用いるべきものであって、無作為に行っても家屋に余分な負担をかけるだけです。

 

家屋の構造をかじった程度のシロアリ業者が作業をすると、このような一見もっともらしいですが、実は意味のない作業というのが実に多いです。

 

コメントを残す