シロアリ予防のために5年ごとに薬剤をまく必要がある?? 愛知、岐阜

 

シロアリ予防のために5年ごとに薬剤をまく必要がある?? 愛知、岐阜

 

この地域のシロアリは、わりと営巣範囲が小さく、大きな被害が出にくい種が99%以上ですので、5年ごとに薬剤を撒かずとも5年ごとの点検などで十分にカバーできます。

 

シロアリ業者は必ず言いますが「5年経って薬剤の効果が切れたら、シロアリが上がってきます。お家を守るには5年ごとに薬剤をまいて予防するしかありません」と。

 

でも実際はそうでもありません。

シロアリがお宅の土地の地中にいなければ、いくらまいてもお金と薬剤のムダです。

いるのか/いないのかを見極めるのは、シロアリ技術者の技量です。
この地域;愛知県(三河の一部を除く)と岐阜県全域では、99%以上がヤマトシロアリという、わりと営巣範囲が小さく、大きな被害が出にくい種ですので、薬剤をまかずとも5年ごとの点検で十分に対応できるのです。

もちろんイエシロアリがいるのか、いないのかの調査をキッチリするのが前提です。イエシロアリというのは、ヤマトシロアリの数10倍~100倍近くの営巣規模をもつ種で、2階の天井まで到達するような甚大な被害を出すのは、基本的にイエシロアリです。

もちろん、ヤマトシロアリであっても10年以上というレベルで点検をせず放置すれば、それくらいの被害が出ることはありますが、そこまでにかかる期間が全然違います。

 

そもそも薬剤を大量にまきましょう、5年ごとにまきましょう、という考え方が業界に根付いている背景には、技量や知識がないシロアリ業者でも、駆除や予防に失敗しないためには大量に薬剤をまいておけば大丈夫だろう、という安易な発想がもとになっているのです。

そしてシロアリ業者も、大量の薬剤を撒いていれば、お客さんは何となく安心するし、お金も儲かるし、5年毎にやってくると分かっているからこそ、そういった間違った業界の「非常識」を是正をしようとしないのです。

 

当社はそういった悪しき体質から脱却し、適正な作業、適正な金額でご提供することを CSR(※1) に掲げています。

※1 企業の社会的責任 Corporate Social Responsibility

 

コメントを残す