木材の耐久性 耐朽性ランキング 耐用年数 腐朽に強い樹種は?

 

木材の耐久性 耐朽性ランキング 耐用年数 腐朽に強い樹種は?

 

 

経年や湿気による、家屋に使用する材木の腐朽(腐り)が気になります。

日本工業規格や日本農林規格に基づいた、材木の耐朽性や耐用年数を予測する方法をご紹介したいと思います。

 

実際の木材を自然環境下に置いて耐朽試験を実施する方法として、野外杭試験というのがありますが、これは世界各国でも行われている一般的な方法です。

 

やり方は、実際の木材から試験用の杭をいくつか作製して、この杭を半分まで土の中に埋めます。

その後、それぞれを定期的に抜き取って観察して、被害(木材の腐朽度合い)を見ていくものです。

被害の判断基準は、被害のない健全な状態を「レベル0」として、完全に崩壊した状態を「レベル5」と区分して、それぞれの杭の被害度の平均値を出します。

そしてその値が「2.5」に達した時の経過年数をその樹種の耐用年数としています。

これは杭を埋める場所によって結果が異なるため、その木材を使用する国や地域で試験するのが一般的です。

 

(ヒノキ)

 

 

この試験により、以下の例のとおり樹種によって、おおよその耐用年数が示されています。

 

 

<耐朽レベル大> 耐用年数が野外で7~8.5年

国産針葉樹:桧(ヒノキ)、桧葉(ヒバ)

国産広葉樹:欅(ケヤキ)、栗(クリ)

外国産:米桧(ベイヒ)、米桧葉(ベイヒバ)、米杉(ベイスギ)、レッドウッド

 

 

<耐朽レベル中> 耐用年数が野外で6~6.5年

国産針葉樹:杉(スギ)、唐松(カラマツ)

国産広葉樹:楢(ナラ)、樫(カシ)、山桜(ヤマザクラ)

外国産:米松(ベイマツ)※山林に生息のもの

 

 

<耐朽レベル小> 耐用年数が3~4.5年

国産針葉樹:樅(モミ)、赤松(アカマツ)、黒松(クロマツ)

国産広葉樹: -

外国産:米栂(ベイツガ)、欧州赤松(オウシュウアカマツ)、米松(ベイマツ)山林以外の河岸に生息のもの

 

 

<耐朽レベル極小> 耐用年数が2.5年以下

国産針葉樹:椴松(トドマツ)、蝦夷松(エゾマツ)

国産広葉樹:ブナ

外国産:米樅(ベイモミ)、スプルース、ホワイトウッド、ラジアタパイン(松)

 

という要領です。

 

耐用年数は野外に置いた場合での数値ですので、一般的な家屋に使われる場合は、壁などにガードされて風や雨に晒されることはありませんので、耐用年数は30年以上といった数値になりるのが一般的です。

 

また耐用年数が長い樹種を、土台、大引き、通し柱など家屋の構造上重要な部位に使用します。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.