床下にシロアリ薬剤を散布するときに注意すべきこと 愛知、岐阜

 

 

床下にシロアリ薬剤を散布するときに注意すべきこと 愛知、岐阜

 

 

 

床下にシロアリ薬剤を散布する際は、面状ではなく帯状で処理すると言うのが、生態を踏まえた適切なまき方です。

床下全体に薬剤を塗布するのではなく、基礎の立ち上がり部に特に注意して吹き付けるので、余分な薬剤を使わないので薬剤費用が少なくてすみますし、土壌に及ぼす薬剤の影響も少なくて済みます。

 

 

ですので面状ではなく帯状に散布するのが正しいのです。

 

 

露地の床下で土壌処理を線状に行うのは、ヤマトシロアリでは基礎や束石に沿って直下から侵入するからです。

水平方向の幅ではなく縦方向の幅の方が重要です。

 

 

 

 

シロアリの空中蟻道に対しては?

 

 

また「空中蟻道」というものがあるのですが、それを警戒する場合は基礎の立ち上がり部に限らず面状に散布するのはダメか?という疑問があります。

空中蟻道といっても、ヤマトシロアリでは地面から直接 空中蟻道が立ち上がって、数10cm上の木部に到達することはありません。

なぜなら途中で折れてしまいます。

 

 

ただ、空気が流れない密閉された範囲では、希にそれらしい現象がありますが、これは一旦基礎経由で床組の木部に侵入してから、ツララのように垂れ下がって地面とつながるとか、クモの糸などにより掛かって立ち上がったものです。

こういう場合は、処理時にシロアリの勢いがわかるので、可能性のある部分だけ個別に考えればいいことです。

あるいは、根がらみ(床束どうしをつなげるための木材)が地表から数cmの高さですと、稀に「空中蟻道」が見られますが、これも駆除時に可能性が疑われた場合だけ根がらみの下を処理すればよいのです。

 

 

イエシロアリでは巣の駆除の補助(残蟻の対策)としての予防ですので、処理前には空中蟻道はよく見られますが、駆除時には空中蟻道は処理しても、予防としてはあえて処理の必要はありません。(実際に見つけたら、壊して一応薬剤をかけておきますが)

新築の予防では、羽アリが多い場所では、羽アリの季節だけの対策がむしろ必要で、床下に薬剤散布は、優先順位としては後回しです。

 

 

 

 

ベタ基礎では、やはりシロアリが這い上がりやすい基礎の外周部の必要なところにのみ薬剤処理するべきか?

 

 

ベタ基礎での処理ですが、配管がベタ基礎を貫通する部分の予防としては、多くの薬剤がそこにとどまるような剤形(ペースト剤)や物理的バリアなどが適しています。

ただ、点検可能なら何もしなくてもヤマトシロアリなら対応できます。

 

 

ベタ基礎では、やはりベタ基礎の外周がもっとも侵入の可能性が高い場所ですので、玄関の外のコンクリやタイルの部分や、勝手口ステップとの接合部は薬剤が必要な部分です。

玄関ポーチなどがベタ基礎と一体打ちならヤマトシロアリでは薬剤は必要ありません。

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください