岐阜に生息するシロアリの種類と予防方法



日本国内に生息するシロアリで、私たちの生活に影響を及ぼすものは主に2種類いまして
その名前を「ヤマトシロアリ」と「イエシロアリ」と言います。

この2種類の特徴を簡単に説明しますと

ヤマトシロアリはわりと集団の規模も小さく(数百匹~1万匹ていど)、家屋に及ぼす被害(蟻害と言います)もそれほど大きくありません。

当社の蟻害か所のリフォーム実績ですと平均で20万前後です。

また名前に「ヤマト」と付いていることから分かるように、北海道から九州地方まで国内に広く生息が確認されています。


一方のイエシロアリはヤマトシロアリと違ってなかなか厄介です。
集団の規模も大きく、数十万匹~多いと100万匹に達する場合もあります。

ですので必然的に家屋に及ぼす被害も大きくなるのはお分かりかと思います。

当社でのイエシロアリ被害のリフォーム実績はありませんが、2階にまで達するようなケースもあります。

参考までに生息地域は、主に西日本~九州などの南の方で確認されています。(関東や東海地方でも一部の地域で確認された例もあります)


では岐阜に生息する種はどっちなんでしょうか?

答えは99.9% ヤマトシロアリです。
長くこの業界にいますが、イエシロアリが確認された例は聞いたことがありません。

そして重要な予防方法はと言いますと、上記のようなシロアリの生態をキッチリ把握している業者に点検してもらって、それぞれのお宅に合った薬剤処理などの施工をしてもらうことです。

一般的なシロアリ業者は生息種などを把握していないせいか、岐阜などのヤマトシロアリ地域でも大量の薬剤を床下にばらまき、多額の費用をかけて過剰な作業をします。

過剰に作業すれば儲かりますからね。

これがシロアリの費用が高い原因の一つにもなっています。


以上、当社のホームページをご覧いただいた方に適切な知識を持っていただければ幸いです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください