シロアリの被害 名古屋など愛知県、岐阜県

シロアリの被害 名古屋など愛知県、岐阜県

 

 

現在、日本国内に生息してる、私たちのお家に影響を及ぼすシロアリは、基本的に2種類だけです。

 

もちろん厳密にはもっとたくさんの種類がいますが、私たちの家屋に影響を及ぼすのは、主に以下の2種類です。

 

・イエシロアリ

・ヤマトシロアリ

 

シロアリの被害の例として、よく見かける写真や映像は、上記の2種類のうち殆どがイエシロアリによるものです。

 

と言うのも、イエシロアリとヤマトシロアリでは生態が大きく異なり、イエシロアリの方は、営巣範囲が大きい場合は、近所の数軒分くらいの広い範囲の中に複数の巣をネットワークのように持って活動をしており、また活動するシロアリの数も数百万匹というレベルです。

 

一方のヤマトシロアリは、巣のみで活動し、イエシロアリのようにネットワークを形成することはありません。
またシロアリの数も、多くても数千匹レベルですので、イエシロアリに比べて概ね100分の1程度の規模です。

 

それにより家屋に与える被害も、おおむね100分の1程度ですので、ヤマトシロアリでは、イエシロアリのような甚大な被害を家屋に与えることは逆に困難なのです。

 

そして愛知県(三河の一部の地域を除く)と岐阜県全域に生息するシロアリの種は、99%がヤマトシロアリ(規模の小さい方)です。

 

※ちなみに東海地方のシロアリ業者のサイトで、明らかに阪神大震災で倒壊したお家の画像を載せて「地震が来て、シロアリの被害で弱っていたお家が倒壊しました」というようなコメントをしているのを見かけました。

 

これは、愛知や岐阜に主に生息するヤマトシロアリ地域の画像ではないため、この地方で掲載するには明らかに間違っており、不必要にお客さまの不安をあおる、許し難いことです。

 

先述のとおり愛知や岐阜に主に生息するヤマトシロアリでは、そこまでの大きな被害を出すことは困難ですし、この地域には近年大きな地震は来ていませんので、東海地方の業者が自社の営業地域の方々にこの写真をお見せするのは理屈が通りません。

 

 

また、そもそもその写真は、シロアリだけのせいでそこまで派手に倒壊したかは些か疑問であるため、やはり何も知らないお客さんの不安をあおる不誠実な広告だと思います。

 

 

 

コメントを残す