シロアリに床下の湿気対策をしてもあまり意味がない 愛知、岐阜

シロアリに床下の湿気対策をしてもあまり関係ない 愛知、岐阜

 

 

 

床下の湿気対策をしても、シロアリにはほとんど意味がありません。

なぜかと言いますと、シロアリは床下に湿気がなくても上がって来ることができるからです。

また後ほどご説明しますが、仮に床下の湿気対策をされたいのであれば、一般的なシロアリ業者は費用が異常に高いですので、依頼してはいけません。

 

さて話を戻しまして、床下に湿気がなくてもシロアリが上がって来るという根拠は、シロアリは「蟻道」というトンネルを構築しながら地上に(床下に)上がって来ます。

シロアリは外気にさらされては生きられないほど、実は敏感な生き物なので、地上(床下)に上がるには蟻道は必須です。

 

蟻道は、土の粒と、自らの下痢状のフンで固めて作られています。

ちょうど3匹の子豚がお家を作るとき、セメントを塗りながらレンガを積んでいった感じです。

ですので蟻道は意外と硬いのです。

 

そして下痢状のフンですから、その水分によって土と土がしっかり密閉されており、蟻道の中はシロアリにとって快適な湿度が保たれています。

ちょうど高気密、高断熱のお家のようなものです。

 

ですので床下に湿気がなくても蟻道の中は快適な湿度ですから、シロアリにとっては問題ありません。

実際に床下の調湿剤の上に蟻道が作られたり、床下換気扇の真横に蟻道が作られたりしているのをよく見かけます。

 

 

 

 

シロアリ業者と床下換気扇

 

シロアリ業者に、床下の湿気対策を頼んではいけないと冒頭で触れましたが、仮に床下の湿気対策をするのであれば、絶対にシロアリ業者に頼んではいけません。

 

理由は2つありまして、1つは冒頭のとおり、たんまりと利益を乗せた換気扇や調湿剤を異常に高い金額で勧められるからです。

実はもともとそれほど高額なものではないのですが、シロアリ業者が膨大な利益を乗せるので、ムダに高い金額になっています。

 

例えば床下の換気扇であれば、ネット等で買えば1個 1万円程度のものを6万円というレベルの金額を提示しています。

それを「3台セットで」などと言ってススメてきますから、最終的に20万円というあり得ない金額になります。

 

調湿剤や調湿炭(竹炭、木炭)も、5,6千円程度のものを2万円というような金額でススメてきます。

1坪あたりで2万円ですから、それを10坪くらいに配置すれば、またまた20万円です。

お金がいくらあっても足りません。

 

そして大事なことは、これだけ高額な費用をかけてもシロアリにはほとんど効果がないという点です。

 

本当に床下の湿気対策が必要だとお感じなのであれば、まず 湿気があるとどのような弊害があるか?

を明確にすることです。

湿気があっても特に害がないのであれば、放置でも構わないわけです。

 

そしてお家の構造から判断して、どこに原因があるのか? どうすれば湿気なくなるのか?

を設計士さん、建築士さんなどに相談して考えるべきです。

 

一般的なシロアリ業者は、ただ湿気対策の製品を高く売りたいだけですし、製品に対する知識もありませんので相談するに値しません。

 

当社の技術者は、シロアリの技術者であり建築屋ですので、本当に効果のある対策を考えさせていただきます。

もちろん極力お金をかけずに。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.