シロアリ愛知ドットコム|住宅トータルメンテナンス

 

 

 

 

 この度は、当社 シロアリ愛知ドットコムのホームページをご覧いただきまして

誠にありがとうございます。

 

いま、お客さまがこのページをご覧になっているということは

シロアリ業者をお探しになっている ということでしょう。

 

もしそうであれば、どのような観点で業者を選ぶでしょうか。

 

大手のような知名度の高い業者?

親切で丁寧な業者?

できるだけ値段の安い業者?

 

重要視するポイントは、様々おありでしょう。

 

当社をご利用いただいたお客さまのご意見を伺いますと

一番多いのが 失敗したくない、良い業者に出会いたい

という点です。

 

ご家族とこれからも長く過ごされる大切なお家です。

決して安くないお金もかかります。

だからこそ信頼できる業者に依頼したい!

皆さま そのように思われるそうです。

 

(情けないお話ですが、この業界は露骨な悪徳業者こそだいぶ減ってきましたが

まだまだお客さまに全幅の信頼を寄せていただけるレベルではありません。)

 

 

では信頼できる業者とは、どのような業者でしょうか。

 

当社は以下のように考えています。

 

・シロアリの生態をしっかり把握したシロアリのプロ

・お家を作れるレベルで構造を理解している建築のプロ

・誠実さ、謙虚さ、向上心、感謝の気持ちを持った人間性

 

 

当社の技術者は、シロアリ防除施工士であることはもちろんのこと

みんな現役の大工さんです。

 

一般的なシロアリ業者はシロアリ専門ですので、シロアリのことしか分かりません。

しかし、本来シロアリの駆除や予防をするには、シロアリの知識だけでなく

建築の知識も同じくらい必要です。

 

何故ならシロアリが生息しているのは基礎などのコンクリートの下や

木材や壁などのあらゆる構造体の内部=目に見えないところ

だからです。

 

コンクリートや柱などにドリルで穴を空けることもあります。

お客さまのお宅は基本的には「木造」という共通点はありますが

細かな部分の構造はお客さま宅によってまちまちです。

 

目に見えない部分ですから、お家を作れるレベルの知見が無いと

正確に判断するのは難しい、というのはお分かりかと思います。

 

※シロアリ防除施工士の試験には建築の内容も出題されますが

残念ながらとても建築現場で使えるものではありません。

 

 

しかし実情は、建築のプロがシロアリの作業をしている業者はいません。

実際に他所のシロアリ業者が間違った作業や、意味のない工事をした跡も

散見されます。

 

当社はそのような間違った作業をしないために

建築のプロがシロアリの作業をするべきだと考えます。

 

 

また当社にはシロアリ防除施工士以外にも

さまざまな国家資格を持った技術者が在籍しています。

※シロアリ防除施工士は国家資格ではなく民間資格です。

 

そんな私たちプロ集団が、お客さまのお家を全力でお守りし

安心をお届けします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

①ベタ基礎のお家にお住まいの方

 

 

築20数年以内のお家にお住まいの方は、おそらくベタ基礎でしょう。

ベタ基礎と言いますのは、下の写真や図のように床下(縁の下)がコンクリートで覆われているタイプを言います。

 

 

 

 

 

ちなみに30年以上前のお宅ですと、おそらくベタ基礎ではなく布基礎(床下がコンクリートではなく、土のタイプ)かと思います。

 

 

 

 

 

では、なぜベタ基礎だとシロアリの費用が安く済むのかと言いますと、一般的なシロアリというのは、通常は土の中で生活しています。

私たちのお家の下の地中にもいるかも知れません。

 

 

そして何かのキッカケに地中からお家の床下に上がって(侵入して)きます。

例えば巣を拡大するためですとか、エサを求めてという場合もあるかも知れません。

その時に床下が土の場合と、床下がコンクリ-トの場合ではどちらがシロアリが侵入しづらいでしょうか。

 

 

先ほどの画像をご覧いただければお分かりですね。

そうです、床下がコンクリートの方が侵入しづらいのです。

 

これを「ベタ基礎は布基礎よりも防蟻性能が高い」という言い方をします。

 

防蟻性能が高い=シロアリが侵入しづらいわけですから、「ベタ基礎」というだけで一つの予防になっているのです。

しかしながら防蟻性能は高いとはいえ、シロアリに全く侵入されないわけではありません。

ベタ基礎であっても、定期的な点検とある程度の予防処理は必要ですが、シロアリが侵入しづらいということは、逆にベタ基礎で侵入されやすいポイントというのは、ほぼ決まっています。

布基礎のようにオールフリーのような状態ではありませんので、ベタ基礎の防蟻性能を生かして的を絞って予防処理すれば、余分な費用が抑えられるというわけです。

 

 

だからベタ基礎のお家にお住いの方は、費用が安く済むはずなのです。

「はず」というのは、一般的なシロアリ業者は防蟻性能が高いベタ基礎も、そうでない布基礎も一緒くたに作業してしまいますので、値段設定が同じなのです。

当社ではお客さまのご負担を少しでも軽減すべく、適切な作業と適切な料金を心がけております。

 

 

 

②愛知県、岐阜県にお住まいの方

 

 

愛知や岐阜に住んでいるだけで費用が安くなるってどういうこと?と思われることでしょう。

これは、その地域に生息するシロアリの種類によって、予防や駆除の難易度が変わるからです。

 

日本国内に生息していて、私たちのお家に影響を及ぼすシロアリは、主に2種類います。

(もちろん厳密にはもっとたくさんの種類がいますが、ここでは2種類という理解でOKです)

その2種類は、ヤマトシロアリイエシロアリといいます。

 

この2種類を簡単にご説明します。

 

ヤマトシロアリというのは、名前が「大和(やまと)」というだけあって、北は北海道の北部から、南は沖縄まで日本全国に生息しています。

一つの巣で活動するシロアリの数は、少ないと数百匹~多くても1万匹程度で、比較的おとなしい種であると言えます。

家屋への被害については、20年以上のような長期間に渡って放置するようなことが無ければ、甚大な被害を出すことは稀です。

 

一方のイエシロアリは、ヤマトシロアリのようにおとなしくはありません。

一つの巣で活動するシロアリの数も、少なくても数万匹~多いと100万匹に達することも珍しくありません。

家屋への被害は、早いと数か月~1年で2階の天井まで達することもあります。

 

また活動数が多いため、巣の規模(範囲)も大きく、1軒のお家だけでなく、ご近所の数軒に渡って営巣することも多々あります。

本巣といくつかの分巣があり、それらが地中でつながってネットワークを形成しますので、仮に我が家でイエシロアリを駆除しても、再び別の分巣のシロアリが侵入してくる(再発)可能性があります。

※以下、簡単にまとめました。

 

 

 

 

しかし幸いなことに私たちが住む、この愛知県(三河の一部を除く)と岐阜県では、99%以上がヤマトシロアリが対象になり、イエシロアリは殆ど見かけません。

 

よって「愛知県、岐阜県にお住まいの方はシロアリ費用が安くなる」という心は、この地域には強敵であるイエシロアリがほとんどいないから、ということになります。

 

こちらもまたベタ基礎のお話と同じく、シロアリの対象種を区別せず、ヤマトシロアリの駆除をするのに、イエシロアリ地域と同じような費用を請求している、という悪しき慣習があるためなのです。

 

 

 

以下、参考までに愛知、岐阜のシロアリ業者の予防費用の例です。(すべて税込み)

現在のシロアリ業界は「坪単価」✖「各お宅の坪数」で費用を算出するのが主流になっています。

当社の場合は、お客さまに不要なご負担をかける仕組みですので、採用していません。

 

 

シロアリ予防の坪単価と、各坪数ごとの支払い金額です。

 

 

 

シロアリ駆除の坪単価と、各坪数ごとの支払い金額です。予防費用よりも高額なのが一般的です。